アジアに産む人事の成長

本への書き込み

皆さん読書は好きでしょうか。

 

僕は父親が特に読書が好きで、子供の時から家にたくさんの本があり小さい時から親しんでいたことに加え、中学に上がって以降は特に妹にテレビを独占されてしまい、必然的にたくさん本を読むようになりました。

 

 

さて、読書が好きな方は特にお分かりかと思いますが、読書の方法も人によって千差万別です。

読書は紙の本に限る、という人もいれば、もっぱら電子書籍でいつでもどこでも読めることを重視するという人もいます。

早くたくさんの本を読むことを好む人もいれば、ゆっくりと時間をかけて味わうことを重視される方もいます。

 

そんな中で一つ最近になって意見が変わったことがあります。

それは「本に書き込みをするかどうか」です。

 

僕は元々、本は綺麗なままにしておきたい人間だったので、常にブックカバーをつけ、何なら帯まで取っていました。したがって、本に書き込みをするなど考えられないことでした。

 

ところが最近になり、父方のおばあちゃんの家から借りてきた本を読み始めたのですが、そこにお父さんの手による書き込みを見つけ少し考え方が変わりました。

 

始めは「書き込みや印がつけてあることで集中して読むことができない」と不満だったのですが、読み進めていくにつれそれらの印や書き込みからお父さんの考えが垣間見え、半ばお父さんと会話をしながら読んでいるような気持ちになってきました。

さらに興味深いことは、その本をお父さんが読み書き込みをしたのは彼が今の僕と同じくらいかそれよりも若い年齢の時だった、ということです。

 

もちろん普段のお父さんとの会話の中でお父さんの考えを知ったり、若い頃に何を考えていたのかを断片的に聞いたりすることはありましたが、今回は現在のお父さんの口を通してではなく当時のお父さんの書き込みを直接読んでいる分、よりダイレクトに当時のお父さんを感じられるような印象を受けました。

 

もちろん若い頃のお父さんの考えを知るという意味においては、本への書き込みのみならず日記等、当時のお父さんのアウトプットを見れば同じような感想を受けたかもしれません。

ただ、本への書き込みというのは本の内容というインプットに対して自分がどう感じたかの記録です。そういう意味ではこの“本への書き込みを読む”というのはお父さんのメッセージを僕が対面して受け取るというのではなく、同じものを同い年のお父さんと横に一緒に並んで見ているような、そんな感覚を受ける体験でした。

 

 

この体験を通して、今まで絶対にNGだった本への書き込みに対する見方が少し変わりました。今は本への書き込み、というのは読んだそのタイミングの自分自身をそこに閉じ込めるようなものかな、と思っています。

そして、再びその本を自分が読んだ時や誰か別の人が読んだ時に、直接的ではなくある種横に座って同じものを見るような形でコミュニケーションを取る、そういった素敵な経験を作るものになると気付きました。

 

年末年始の読書でいきなり全ての本にたくさん書き込みをしていくとはいきませんが、お気に入りの本や何度も読み返したい本にこそ、書き込みをしてみようかなと思っています。

 

 

 

Photo by Aaron Burden  on Unsplash

兵庫県出身、大阪大学外国語学部タイ語専攻卒業。
高校時代に参加した兵庫-タイ文化交流プログラムがきっかけで、タイに興味を持つようになった。大学時代はタイのチュラロンコン大学の文学部に1年間交換留学。卒業と同時に新卒でAsian Identityに入社。タイ語、日本語での研修講師も務める。

Latest Events

Identity Leadership Journey ~自分の「軸」を作りだすリーダーシップの旅~ (日本人向け)

21-22 May 2021, Online

シミュレーション型マネジメントスキル強化研修 (タイ人向け)

18 Jun 2021, Asian Identity Hatch Room

シミュレーション型マネジメントスキル強化研修 (日本人管理者向け)

22 Jun 2021, Asian Identity Hatch Room

Identity Leadership Journey ~自分の「軸」を作りだすリーダーシップの旅~ (日本人向け)

6-7 Aug 2021, Online

Latest EGG blog

「信用」と「信頼」

Clubhouseと人材育成とグループコーチング

リモートワークとオフィスワークはそれぞれが「選択肢」である

本への書き込み

アセアンでの人材育成、組織運用など
人材に関することはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・相談

人材コンサルやワークショップなどの詳細確認やご相談・お問い合わせには、お問い合わせフォームをご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

平日タイ時間では9:00〜18:00、日本時間では11:00〜20:00で応対しています。